育毛とお正月

お正月のの同窓会で旧友が集まると、必ず話題になるのが髪の量についてだ。個人差があるものの、概ね毛の量は少なく、禿げ上がっているよりも密度が低くなっている者が大多数だ。

お互いの毛が少ない談義が一段落すれば、次に始まるのがそう、育毛について。これについては、手段を講じているのが大体3割弱で、育毛効果のある薬用シャンプーを使っているケースが多い。私もその3割に入っているが、まだ使い始めて半年なので、その効果についてはなんとも言えない。妻の話では、「枕に付いている抜け毛が少なくなった」とのこと。一番身近な妻が言うのであれば、恐らく効果はあるのだろう。

そして、旧友が集まって育毛話になれば、いつも話題の中心になるのが、高校生の時から薄毛に悩んでいたHだ。Hは、二十歳の頃にはずいぶん立派に禿げ上がり、20代は髪と共に去りぬと誰もが思っていたのだが、30歳になってすぐの同窓会ではなんと、毛が増えていたのだ!

「色々な薬を試したが、洋物の育毛剤が最も威力がある」とのこと。
それから約10年の月日を経て、Hはその頃の髪量をキープし、ようやく私を始め同級生がその髪量に並んでしまった。そして、最近のHの話では、
「以前は専ら、洋物の育毛剤を使っていたが、最近は日本のものを使用している。日本の育毛剤の進化が著しく、手軽にどこででも買えるので便利だよ」とのこと。

今年のお正月の同窓会も、終わってみれば髪の話題しか覚えていない。髪の話題で終わるのであれば、平穏無事だということと思いながら一年掛けて、髪量を増やすことを誓った2015年のお正月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>